プロフィール

しむしむ

Author:しむしむ
30代埼玉在住のプログラマです。
通勤中に読んだ本、好きなバイク、スウェーデンハウスでの生活の話題を中心につづっていきます。


最新コメント


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活

グリムス


Analytics

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深い思索と実はポジティブ

「無趣味のすすめ」 - 村上龍

 カンブリア宮殿でおなじみの村上龍さん。僕も毎回楽しみに観ています。今回のこの「無趣味のすすめ」は真っ白の表紙に黒字のタイトルのみ、そして帯には憂鬱そうな著者の写真と、華やかなTV番組とは違う第一印象にちょっとびっくり。

 だがここでいう「無趣味」とは、好きな事が無いということではなく、好きな事を追求するとそれは仕事になる、という実は熱いメッセージになっている。

 またカンブリア宮殿ではたびたび登場するキーワードになっている「サバイバル」について、本書ではさらに踏み込んで「いかに飢えているか」という表現がされている。飢えているからこそ、求める力になる・・・。

 ダメ出しをしているところも多いが、特定の個人に対しては見られない。あくまでも自己内部の模索に関して、深い洞察が書かれている。

 人と比較するのはTPOに応じたファッションについて書かれたところくらい。

 一見ネガティブな中に感じる強いポジティブ。実は愛にあふれているこの感覚が氏の人気の土台なのかもしれない。


無趣味のすすめ無趣味のすすめ
(2009/03/26)
村上龍

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。